発泡スチロールを床や壁に敷き詰め、プラスチックダンボールで補強するだけでも防音効果があります。

防音部屋は自分で作れる!防音部屋の作り方と必要な材料まとめ

MENU

自分で防音部屋を作ってみよう!作り方と必要材料

 

最大限に音楽を楽しむ為の部屋作り

 

人が音楽を失えば人生における幸福と楽しみのおよそ半分を失うと言われるほど、音楽は多くの人にとって多大な影響力を持っています。
そんな音楽を自宅で思い切り楽しむには、音漏れによる近所迷惑を防止する為にも「防音設備」をしっかり整えた部屋作りを行う必要があります。

 

とはいえ、賃貸住宅に住んでいる人にとっては部屋そのものに防音加工を施すのは至難の業である為、多くの人はイヤホンやヘッドホンなどを活用して音漏れを防止しながら音楽を楽しんでいるというのが現状です。

 

しかし、ちょっとした工夫を凝らすことによって比較的、大音量で音楽を聴いたり楽器を演奏しても音漏れを防止する事は可能です。

 

発泡スチロール

たとえば配送物の破損を防ぐ為に作られた発泡スチロールを部屋の床や壁に敷き詰め、その上から空気層があるプラスチックダンボールで補強を施すだけでもかなりの音漏れを抑制することが出来ます。
もちろんドラムやアンプに繋いだエレキギターのように大きな音は漏れてしまいますが、オーディオで好きな音楽を思う存分聞きたいという人にはこの方法による防音が非常にオススメです。

 

 

防音部屋の作り方

 

もし自分の部屋で楽器の練習をしたり高音質を実現できるスピーカーで大音量の音楽を楽しみたいのであれば、自分が住む部屋を「防音部屋」に作り変える必要があります。

 

とはいえ、専門の業者に依頼すると非常に高く付いてしまいますし、賃貸住宅に住んでいる人は部屋を間借りしているだけなので大きな改装工事を行うのは不可能です。

 

しかし、100円均一で売っているアイテムを幾つか使用する事で簡単に自分の部屋を防音部屋へと作り変える事は可能です。

 

用意する物としては「マスキングテープ」と「プラスチックダンボール」、「厚手の強力両面テープ」、「吸音材」、「防音材」などが挙げられます。

 

まずは壁紙にマスキングテープを張って壁を保護し、その上から両面テープを張ってプラスチックダンボールをくっ付けます。
床にも同様の加工を施し、プラスチックダンボールの上から吸音材と防音材を交互に両面テープで貼り付ければ非常に遮音性に優れた防音部屋の完成となります。