ギターハンガーでギターを壁に引っ掛けておくと、インパクトを与えられます。

愛用ギターを部屋にカッコよくディスプレイしよう!

MENU

ギターコレクションをかっこよくディスプレイする方法

 

ギターコレクションのディスプレイ方法

 

音楽好きの中には楽器を演奏する人も数多く居ますが、中でも「ギター」を愛する人は非常に多く見受けられます。
ギターとは弦楽器の一種で、指やピックで弾いた弦が振動する事で音が鳴るという非常にシンプルな楽器です。

 

ギターはその手軽さと見た目のかっこ良さから男女を問わず高い人気を誇る楽器のひとつですが、中には演奏するのではなく多種多様なギターを集めて部屋に「ディスプレイ」して楽しむという人も少なからず存在しています。

 

ギターをディスプレイする場合、もっとも一般的な方法としては「ギタースタンド」の使用が挙げられます。

 

ただし、ギタースタンドはただ単にギターを立てかける為のスタンドなのでディスプレイ用としては少し物足りなく感じてしまいます。

 

インテリア的なかっこ良さを追求するのであれば「ギターハンガー」がオススメです。

 

ギターハンガー

ギターハンガーとはその名の通りギターのネック部分をフックに引っ掛けて保管する為のハンガーの事を指しますが、ネックを引っ張る形になるのでネックの変形を防ぐ事が出来るというメリットもあります。

 

 

また、ギターハンガーを使って愛用のギターを壁に引っ掛けておくだけでもインテリア的にかなりのインパクトを与えられます。

 

 

カッコいいディスプレイを極めよう

 

ギターのディスプレイ

ギターをコレクションしている人は演奏するだけでなく、部屋の中でかっこ良くディスプレイしたいと考える人が大半だと思います。

 

そんな時に安物のギタースタンドではせっかくのギターコレクションが生えないので、かっこ良くギターをディスプレイできるグッズを買い揃える必要があります。

 

たとえば最近では複数本のギターを並べて立てる事が出来るギタースタンドも市販されている為、こうした大きいサイズのスタンドにギターコレクションを並べる事によって迫力を持たせる事が出来ます。

 

また、最近ではより本格的な複数本のギターを並べて収納できる「ギターケース」なども市販されているので、こうしたアイテムを活用する事でギターコレクションをかっこ良くディスプレイする事が出来ます。