最低でも2DKの部屋の間取りに絞って物件を探す必要があります。

自宅レコーディングを行うプレイヤーにおすすめの間取りを紹介!

MENU

[プレイヤー向け]おすすめの間取りや機材の設置場所

 

自宅でレコーディングを行う人が急増中

 

録音機材

一昔前までは楽器が奏でる音や歌声を録音する所謂「レコーディング」を行う場合、本格的な機材が取り揃えられたレコーディングスタジオを利用するのが一般的でしたが、インターネットやパソコンが普及した現代では自宅でも簡単にレコーディングが行える時代となってきています。

 

今の時代はパソコンと音楽編集ソフトさえあれば簡単に自分のオリジナル楽曲を制作する事が出来ますし、生の楽器演奏や歌声にこだわる人でも自宅で簡単に録音や再生を行う事が出来ます。

 

もちろんドラムのような打楽器であったりサックスやアコースティックギターのように大音量の生音が出てしまう楽器は自宅でのレコーディングには向きませんが、エレキギターやエレキベースなどの電子楽器であればヘッドホンとMTRさえあれば簡単に自宅でレコーディングを行うことが出来ます。

 

また、レコーディング機材の低価格化も進んだ事で現在では自宅で気軽にレコーディングを始めるプレイヤーが急激に増えてきています。

 

 

プレイヤーにオススメの賃貸物件と間取り

 

今では特に防音加工を施されていない部屋でもMTR「マルチトラックレコーダー」と楽器、そしてヘッドフォンさえあれば個人で簡単にレコーディングを行うことが出来る時代です。

 

また、録音した楽曲はパソコンに取り込むことで簡単に編集したりエフェクト効果を加えたり出来るので、昔に比べるとプレイヤーにとっては非常に恵まれた環境が整っています。

 

2DKがおすすめ

自宅でのレコーディングにこだわりたいプレイヤーの中には「レコーディング専用」の部屋を欲する人も居ますが、もしそういった部屋が欲しいのであれば最低でも「2DK」の間取りに絞って物件を探す必要があります。

 

何故ならレコーディングというのは些細な物音でもマイクが拾ってしまうと楽曲が台無しになってしまうからです。
また、大型機材の設置スペースも必要になる為、レコーディングにこだわりたいプレイヤーは少なくとも2DKの間取りに絞って物件を探すように心掛ける事が大切です。