立体的なサウンドを実現するためには、音の広がりや音の高さ、音の奥行きなどにこだわりましょう。

自分の部屋にスピーカー設備を設置しよう!設置法や予算を解説

MENU

[リスナー向け]スピーカー設備の設置方法と大体の予算

 

高音質のスピーカー設備を揃える為の予算

 

高音質のスピーカーシステムを揃えたいと考えている音楽好きの人は多いかと思いますが、スピーカーに関する知識が無いままだと単に高いだけのスピーカーを買い揃えてしまう事にもなりかねないので注意が必要です。

 

一口にスピーカーと言ってもその種類やタイプは実にさまざまで、メーカーによっても音質やクオリティは大幅に変わってきます。

 

スピーカー

そのため、まずは自分がどんな音を求めているのかを明確にした上でスピーカー設備を揃えるための「予算」を取り決めておく事が大切です。
スピーカーに掛かる費用はピンキリですが、基本的には「3万円~5万円」ほどあれば十分に高音質なスピーカー設備を取り揃える事が可能です。

 

ステレオタイプのスピーカーは左右2本のスピーカーで構成されますが、購入する際には2本セットのものを選ぶのがオススメです。

 

また、ステレオだけでなく台詞やボーカルなどを担当する「センタースピーカー」も重要なので必ず購入しておく事が大切です。
もし重低音にこだわるのであればウーファーと呼ばれる低音域を担当するスピーカーを購入すると音に厚みが出て迫力のあるサウンドを楽しむ事が出来ます。

 

 

スピーカー設備を揃えたら設置してみよう

 

音楽が好きな人の多くはより高音質で楽曲を聴きたいという欲求を当然の事ながら持ち合わせています。
今の時代、音楽を聴く際には持ち歩きに便利なポータブルミュージックプレイヤーにイヤホンやヘッドホンを繋げて聴く人が大半ですが、中には自宅の部屋にスピーカー設備を整えて聴くことにこだわる人も数多く存在します。

 

スピーカーとは振動によって音を発する装置の事で、オーディオで再生された楽曲はこのスピーカー装置から流れる事になります。

 

スピーカーを自分の部屋に設置する場合、なるべく立体的なサウンドを実現する為にも「音の広がり」や「音の高さ」、「音の奥行き」などにこだわる必要があります。
まず、部屋にスピーカーを設置する際には必ず「スピーカースタンド」を取り付けて音像の高さや音の広がりを再現しやすくします。

 

スピーカーから流れてくる音というのは空気の伝達によって聞こえてきますので、スピーカーを設置する際は棚の中などに収納したりはせず、必ず空気の抜けが良い場所に設置するように意識する事が大切です。